Elabitaxエラヴィタックス冷蔵庫ER-106HG棚板、FAXで発注即到着

スポンサーリンク






 


Elabitaxエラヴィタックス冷蔵庫ER-106HG棚板が壊れたのでFAXで頼んでみたらすぐに送ってくれました


Elabitaxエラヴィタックス冷蔵庫ER-106HGの棚板が破損

 

 

2年ぐらい前に買った、Elabitaxエラヴィタックス冷蔵庫ER-106HGの棚板がパキッと壊れてしまいました。この冷蔵庫は自宅の2F用にヤマダ電機(実店舗)で買ったもので、購入日は2014年の7月31日、購入価格は21,600円です。冷蔵庫の使い勝手等はよくわかりませんが、普通に冷えて2年間故障もせずに普通に使えているのですから、自分としては合格!という感じです。何といっても安いですしね^^

 

 

 

 

庫内の写真がビールばっかりで笑っちゃいますが、時節柄、お歳暮で届いたビールを開封して全部詰めたらこうなりました。(あ、発泡酒のほうは自分で買ったものですけどねw) そしたらビールの重みで棚板がたわみ、それに気づかずに下の透明の引き出しをうっかり開けたところ、何かに引っかかって衝撃があったのか、それとも、以前から見えない亀裂があったのか、棚板がパキッと割れて大きくヒビが入り、缶ビールがガラガラと崩れ落ちてしまいました・・・

 

たぶんこんな使い方は想定外?の設計強度だったのかもしれませんが、このままではどうにも使いにくいので、棚板だけ交換したいと思いネットで検索してみました。

 

調べたところ、Elabitaxエラヴィタックスというのは、吉井電気株式会社という会社が出している製品の、ヤマダ電機用のブランドとのこと。中国製ですがメーカーは群馬県にあるようです。製品番号でネット検索してみたところ、現在は販売を終了している製品なんですね。

 

エラヴィタックス 2ドア冷凍冷蔵庫 96リットル タイプ ER-106-HG

 

それにしても、アルファベット綴りが「Elabitax」なのに、カタカナのフリガナが「エラヴィタックス」って、どういうこと?「V」じゃないのになんで「ビ」?と思いますが、何か理由があるのでしょうか(笑)

 

 

一応、全体写真も撮ってみましたが、いやぁ・・・物置のように雑然とした仕事部屋に置いてあるので、写真が汚くてお恥ずかしいですな(^^;)・・・カーペットもシミだらけだし・・・

 

 

 

試しにFAXしてみたらとても対応のいい会社さんでした

 

すでに製造終了している商品のためか、部品はおろか本体さえもネット販売等はないみたいです。そこで、吉井電気さんのHPに行ってみると、あらら、こちらのHP、お問い合わせフォームがないんですね。お客様相談窓口としては電話かFAXのみの受付のようです。

 

私的な購入や申請等を深夜に行うことが多い私としては、お問い合わせフォームがあると助かるのですが、なければしょうがないですね。そこで早速FAXを深夜に送信w。品番や連絡先を明記したうえで、部品だけの購入が可能かどうかを問い合わせてみました。

 

すると翌日の朝一で吉井電気の女性の方から電話があり、「可能です。本日発送します。」という回答をいただきました。そのやりとりも、大変丁寧で、ダメ元で恐る恐る問い合わせた私としては、なんとなくさわやかでうれしい気分。個人的にはFAXの問合せなのでFAXで返信が来ると思っていたんですよね。

 

そして、あっという間に、なんと次の日に、棚板が届きました。はやー!!!

 

 

お支払い方法は配達時の代金引換で、お値段は、2,268円(税込・送料込)でした。あっ!!!という間の出来事でした(笑) 吉井電気さん、ありがとうございます。

 

 

普段、ネットやメール中心の生活ばかりしていると、お問合せ方法が電話やFAXしかない場合は、少々、面倒に感じてテンションが落ちるときがありますが、その会社さんにとって、一番馴染みやすく反応が早い方法ってあるんだろうな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


▼↓↓↓お読みになった方はぜひ投票もお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です