「のん」に改名、能年玲奈ちゃんは本名なのに芸名扱いで再利用不可

スポンサーリンク






 

今日、ネットを見ていたら、能年玲奈ちゃんが「のん」と名前を変えて、声優として芸能活動に復帰するニュースがアップされていました。

 

能年玲奈改め「のん」、アニメ映画の声優に

 

 

せっかく記憶に引っかかりやすい名前だったのに、なんでまた、いったいどこの誰だかわからない「のん」なんていう名前にしたの?と思って検索してみたら、どうやら、今までの「能年玲奈」は今後使わない様、事務所から圧力?がかかったというお話でした。

 

以下、リテラの記事「卑劣! 能年玲奈に「本名使うな」と前事務所から理不尽すぎる圧力が! 能年を完全追放のテレビにクドカンも苦言」からの引用です。

 

「週刊文春」の記事によると、契約が終了する間近の6月下旬、レプロから能年側に、昨年4月から今年の6月まで彼女が事務所側からの面談に応じなかったため仕事を提供できなかったとして、その15カ月分の契約延長を求める文書が送付されてくるとともに、もう一つ申入れがあったという。

それは、契約が終了しても「能年玲奈」を芸名として使用する場合には、レプロの許可が必要というものであった。「能年玲奈」は本名であるため、前所属事務所に使用を制限される謂れはないが、「週刊文春」の取材を受けたレプロ側の担当者は「一般論として、その旨の契約がタレントとの間で締結されている場合には、当事者はその契約に拘束されるものと考えます」と答えたと記されている。

 

本名なのに、「使うな」というのも変な話ですが、あまちゃんで一躍お茶の間の人気者になり、一気に知名度がアップした能年ちゃんの「能年玲奈」という印象に残りやすい名前は、確かに芸能活動をするうえではすっかり知れ渡った芸名みたいなものですもんね。売り出しにそれなりのお金と労力をかけた事務所側の言い分は、わからなくもないかな。

 

個人的に能年ちゃんは、好きでもなく嫌いでもなく・・・という感じですが、あまちゃんで、恥も外聞も惜しげも恥ずかしげもなく、あのぐらい思い切った演技ができたということは、逆にあまり中身がない、または、ちょっと変わっている人だと思うんですよね。まぁ、不思議ちゃんだということは、その後のトーク番組等の出演でも実証済みですよね。受け答えが天然だったり、トーク内容に心の琴線に触れるような深みや味わいが全然なかったり、たぶんアスペッコさんかもしれないと思っています。アスペっこの女性は透き通るような透明感があって妖精のような雰囲気の人が多いですからね。でも、だからこそ突っ走れる「何も考えない才能」もきっとあるはず。能年ちゃんのよさを、余すことなく引き出してくれる人に出会ってほしいな~と、思います。

 

 

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1

 

 

 

スポンサーリンク


▼↓↓↓お読みになった方はぜひ投票もお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です