ムカデ骨折482人で運動会から競争が消えたら嫌よね

スポンサーリンク






 

産業技術総合研究所の調査によると、

日本スポーツ振興センターに報告された昨年度の全国の小中学校や高校での事故計約102万件(死亡事故を除く)を分析した。その結果、ムカデ競走で2205人がけがをし、うち2割が骨折だった。

そうです。

 

ムカデ競走、1年に482人骨折 昨年度の小中高調査

 

だからって、過敏に
「ならば運動会でやるのはやめましょう」という流れなら嫌だな。

 

「危険だからやらない」というのは間違いじゃないけど、
なんでもそうやって遠ざけていったら、
危険予知ができない、無防備な子供になっちゃうよね。

 

というわけにもいかないのかな、学校や学校の先生は。

 

「うちの子のけがは、プログラムが悪い」とかいう親もいそうだよね。

 

ムカデと言わず、そもそも、子供の骨折自体が増えているそうで、
日本生命のサイトによると、40年前の2.5倍に増えているそうです。

 

第46回 子どもの骨折は、40年前の2.5倍!?

 

これはきっと、圧倒的に危険体験(遊びでの)が足りないんじゃないのかなぁ。
よけたり、かわしたり、転んだり、滑ったり、というのは、
手足の運動能力ですが、スキルアップはやっぱり経験数ですよね。

 

一度や二度は、「やばい」「まずい」「危なかった」「冷や汗かいた」
ということがないと、覚えない体の動きもあると思うけど、
日生のサイトには、部活動の骨折が多い、みたいに書いてあるので、
きっと無意識のストレスを抱えて練習している子も多いのかもね。

 

怪我とかって、絶好調で楽しくて楽しくて、いつまでもやってられそうなときには、
あんまりしないと思うのよね。

 

一方幼稚園では、

幼児の骨折の減少は、危険な遊具が減ったこと、ケガをするような遊びをしなくなったこと等が考えられています。

って・・・それっていいことなんでしょうか?
なんか、違和感あるなぁ・・・

 

 

スポンサーリンク


▼↓↓↓お読みになった方はぜひ投票もお願いします
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ ワーキングウーマン日記へ
にほんブログ村