大好きな「マシュ・ケ・ナダ」がTOYOTAシエンタCMのBGMでそのたびに反応(セルジオ・メンデス&ブラジル’66)

スポンサーリンク



 

トヨタ(TOYOTA)のシエンタが12年ぶりに初モデルチェンジして、
2015年7月9日より販売を開始いたしました。
それに伴い、現在、大量のTVCMが流されています。

それのBGMに使われているのが、
私の大好きな「マシュ・ケ・ナダ=Mas que nada」です。
(セルジオ・メンデス&ブラジル’66)


当初、家族が見ているTVの音を隣室で聞いた時には、
高音部のタンバリンの音だけが壁越しに聞こえてくるので、
CHAGE & ASKA のLOVE SONGのイントロかと思いました。

ですが、家族に「この曲ってなんていう曲?」と叫ばれて、
わざわざ部屋に行って聞いてみると、おおおお!
大好きなセルジオ・メンデスのマシュケナダじゃないですか!
思わずワクワクと盛り上がってしまいました。

マシュケナダは、ジョルジ・ベンのブラジル国内のヒット曲を、
セルジオ・メンデス&ブラジル’66が魅力的なアレンジでカバーし、
世界的な大ヒットとなった1966年のボサノバの名曲です。

この曲を初めて聞いたのは、中学生のときでした。
亡き父が家に、初めてカセットテープレコーダー(ラジカセ。AIWA製)というものを、
家に買ってきたときに、ラジオをNHK-FMに合わせてみたら、
ワールドミュージックのリクエスト特集をやっていて、そのときに鳴っていた曲です。

もともとラテン系のナンバーが好きですが(詳しくはありませんが)
そんな思い出も重なって、よりいっそう大好きになったのかもしれません。

そして今は、隣室からタンバリンの音が聞こえてくるたびに、
うれしくなって思わず反応してしまい、そのたびに仕事の手を止めて、
Youtubeで動画を見たり、手持ちのフルバージョンを聞き直して、
ノリノリの気持ちになったりしています。
(曲の詳細に関しては各自検索してね。)

 

---

ところで、この記事を書くにあたり、
TOYOTAの新型シエンタの発売日などを確認していたら、
おおおお!!!つくっているのは、わが宮城県の大衡工場じゃないですか。

TOYOTA、新型シエンタを発売

正直言って、TOYOTAのホームページで

----------------------------
【生産工場】トヨタ自動車東日本(株) 宮城大衡工場
----------------------------

の文字を見て、妙に目頭が熱くなりました。

全画面キャプチャ 20150823 142657

 

宮城県は東日本大震災で、産業構造も生産マインドも傷ついているので、
こんな晴れやかなところで、誇らしげに見える「宮城、大衡」の文字を目にすると、
なんだか泣けてくる。

宮城でつくっているなら応援しないと!
皆さん、新型シエンタ、買ってよね!(笑)

 

マシュ・ケ・ナダ(セルジオ・メンデス&ブラジル’66)をAmazonで購入(MP3)

 

 

 

スポンサーリンク