Kindleで108円,文字でたどるあの日のプロジェクトXあの回

★世界と日本で人気のチケットを売買




 

知人に頼まれて、ちょっとした家電の歴史をコラムに書いて、
知人の会社のメルマガに掲載してもらっていますが、
ネットを調べてもいい情報を得られないときがよくあります。

あるとき、電気釜の歴史を調べていたら、
KindleでプロジェクトXの本が出ていることがわかりました。
なんと108円!でも内容は多くありません。
たぶん、これ、その回のナレーションを文字に起こしただけのものかな?
でも、自分にはそれだけでも十分なので、以下を早速購入。

「倒産からの大逆転劇 電気釜」~町工場一家の総力戦 ―未来への総力戦 プロジェクトX~挑戦者たち~

それ以後、その回のテーマに関する内容がこのシリーズにあると、
「やった!」と思って、必ず購入して一読しています。
やっぱり、ドラマがあるので、原稿を書くときの参考にしやすいんです。

108円だし、スマホやタブレットで読めるし、
こういった内容がお好きな方や、
過去に放送されたあの回の内容を知りたいと思う方にも、
ちょっとした空き時間の暇つぶしにも最適なんじゃないでしょうか?

最近は新幹線移動の合間に何か一冊読もうと思っても、
文庫本は随分お値段が高くなりましたし、
なにより文字が小さいのが、老眼のワタクシにはこたえます(笑)

Kindleでダウンロードした本の何が一番いいかって、
検索機能や、ブックマーク(しおり)機能もさることながら、
何と言っても、文字の大きさが変えられることです。

文字の大きさを変えるには、文章の画面をタップして、
↓↓↓Aaと書いているマークを押す

DSC00899

↓↓↓次の画面の+と-で調整します。

DSC00900

設定画面は、文章部分のどこかをタップすると消えます。
↓↓↓私は以下の大きさでいつも読んでいます。

DSC00898

Kindleで108円のプロジェクトXシリーズはこちら

番組のナレーションの通りの淡々とした内容ですが、
その分、サクサクと気軽に読めて、あっという間に読み終わり、
カフェでコーヒーを飲んだり、雑誌を買って読むより安いので、
調べ物(←これは私だけw)や時間つぶしにおススメですが、
「こんなんじゃ嫌だ」「もっと深みのある濃い内容が読みたい」
という方は、以下のシリーズをどうぞ。

プロジェクトX挑戦者シリーズ NHKライブラリー

ちなみにペーパーの本として、私が持っているのは以下です。
↓↓↓リーダーの言葉って本当に、行間に味わいと深みを感じます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す